童貞好き

 33歳童貞の俺、まさかの童貞好きとの出会いに恵まれてしまったのです。
齢33にして、一人前の男になれました。
ガチ、童貞好き最高!

 太ってるしね、顔もよくないしね、それはもうモテないわけです。
モテる要素がないんです。
女の子にですか?、敬遠されますよ。
当然でしょうね。
人生で今まで、女の子と仲良くしたことがないんですから。
風俗だって行かないから、30超えても童貞。
これは、一種の個性だなんて開き直ることも出来ず。
ひたすら、童貞コンプレックスに悩んでしまっていました。

 マッチングアプリ、これしかないって思ったんです。
33で童貞で、相手にされるのか?
ブサのデブを相手にしてくれるのか?
不透明だったけど、とりあえずチャレンジだけはって気持ちでした。
このアプリの中で、まさかの童貞好きと遭遇することになっていくなんて。

 メール交換したのは若い女の子。
21歳女子大生。
あまりの年齢差に驚きを感じました。
童貞好き
「まだ童貞なの?興味はあるの?」
「あるけど、太ってるし不細工だし、相手にされなくて」
「風俗は?」
「苦手で、言ったことない」
「欲求不満なんだね、可愛そう」
馬鹿にされると思いきや、意外にも優しい女の子でした。

 順調の交流から、童貞好きであることが判明。
肉食女子に感謝を感じながら、継続してやりとり。
結果、初体験相手として名乗り出てくれました。

 ずっと年下の女の子に、ホテルに連れて行ってもらった形。
そこで、始めての女の子の肉体を食べました。
こんなに美味しいものだったのかと、驚くばかり。
フェラされるのって、こんなに気持ちいいのかよ。
そして挿入でした。
オマンコの中は、この世のものではありませんでした。

 童貞卒業出来てから、不思議な自信が湧いてきました。
マッチングアプリの中で、普通にセフレを求められるようになっているんです。
初体験は、男をプラスに変える力があるんですね。
割り切りからセフレ
割り切りからセフレ

お金くれるおじさん

 シングルマザーとして、お金くれるおじさんは、とても大切な存在です。
特にコロナから収入が減ってしまって、危機的状況を迎えていました。
お金くれるおじさんとの出会いは、まさに救世主となってくれました。

 バツイチになって、子供と2人暮らし。
何とか子供を保育所に預け、仕事に出ていました。
仕事のスキルを持っていない私です。
収入の良いお仕事に就くこともできないので、日々馬車馬のように仕事をしていました。
もちろんそれでも、ゆとりがあったわけではありません。

 感染症により、仕事が縮小されてしまって、収入が減ってしまいました。
このままでは、親子で路上生活になってしまう。
かなり厳しい状況でした。
思いついたのが、支援してくれる男性を探すことでした。
パパ活です。
体の関係を作ることがない、それでいて金銭サポートしてくれる男性。
出会い系のアプリの中で、探すことにしました。

 健全運営しているアプリは、いきなりパトロン募集とか、お金くれる人募集とは書き込むことができません。
だから、かなり頭を使いました。
無償支援掲示板
「シングルマザーの生活がとても大変です。優しい紳士と知り合い、癒してほしいです」
こう言った文章を、掲示板に投稿していきました。

 理解ある男性から連絡がやってきた時、本当に胸をなで下ろした感じです。
お金くれるおじさんは会社経営者。
「コロナの影響もあるからね、実際の食事は無理なんだが、オンラインで楽しむこと出来るかね?」
私が自分で用意する食事代も含めて、手当を出すと言ってくれました。

 時間のゆとりのあるとき、男性とのオンラインでの食事会。
話していると、この男性も母子家庭。
かなり苦しんでいたようです。
「だからね、応援したい気持ちになるんだよね」
そして、継続しても構わないという言葉が!

 都度の2万5千支払い。
これは食事代も含めての金額です。
とてつもなく大きな金額に、涙がこぼれそうになりました。
即尺
フェラ友募集