お金くれるおじさん

 シングルマザーとして、お金くれるおじさんは、とても大切な存在です。
特にコロナから収入が減ってしまって、危機的状況を迎えていました。
お金くれるおじさんとの出会いは、まさに救世主となってくれました。

 バツイチになって、子供と2人暮らし。
何とか子供を保育所に預け、仕事に出ていました。
仕事のスキルを持っていない私です。
収入の良いお仕事に就くこともできないので、日々馬車馬のように仕事をしていました。
もちろんそれでも、ゆとりがあったわけではありません。

 感染症により、仕事が縮小されてしまって、収入が減ってしまいました。
このままでは、親子で路上生活になってしまう。
かなり厳しい状況でした。
思いついたのが、支援してくれる男性を探すことでした。
パパ活です。
体の関係を作ることがない、それでいて金銭サポートしてくれる男性。
出会い系のアプリの中で、探すことにしました。

 健全運営しているアプリは、いきなりパトロン募集とか、お金くれる人募集とは書き込むことができません。
だから、かなり頭を使いました。
無償支援掲示板
「シングルマザーの生活がとても大変です。優しい紳士と知り合い、癒してほしいです」
こう言った文章を、掲示板に投稿していきました。

 理解ある男性から連絡がやってきた時、本当に胸をなで下ろした感じです。
お金くれるおじさんは会社経営者。
「コロナの影響もあるからね、実際の食事は無理なんだが、オンラインで楽しむこと出来るかね?」
私が自分で用意する食事代も含めて、手当を出すと言ってくれました。

 時間のゆとりのあるとき、男性とのオンラインでの食事会。
話していると、この男性も母子家庭。
かなり苦しんでいたようです。
「だからね、応援したい気持ちになるんだよね」
そして、継続しても構わないという言葉が!

 都度の2万5千支払い。
これは食事代も含めての金額です。
とてつもなく大きな金額に、涙がこぼれそうになりました。
即尺
フェラ友募集

出会い系のパトロン

出会い系のパトロンだから、援交感覚でいいのかと思ってたけど、やっぱりパトロンとなると、出会い系だとは言え、ちょっと金額上がるよな。
出会い系の援交だったら、探せば一万、交渉次第ではもっと安くできる可能性もあるけど、出会い系のパトロンじゃ女の子の方がそれじゃ納得しないから。
だけど、その分業者みたいな安い女つかまされることないから、安心感という意味では、出会い系のパトロンの方が逆に安上がりだなと思うこともある。
それに、出会い系のパトロンって素人の子も多いしさ。
自分程度の収入でパトロン名乗るのもちゃんちゃらおかしいんだよ。
だけど、長いこと出会い系で相手探してたから、金で女を買うのに抵抗がなくなって行ったというか・・・
生活援助をしてくれる愛人
最初は、お金で~ってちょっとみっともないし、破廉恥だなと自分でも思ってた。
だけど、出会い系の援交に慣れてくると、そんなのお互い様って割り切れるようになってきて・・・
今では、出会い系の援交じゃろくな女がいないから、出会い系のパトロン探しの女を相手にするようになった。
月極とかでお金すごい取られるのかなと思ったけど、都度で3~だったりするんで、まぁ、割とリーズナブルかも。
継続して会ってる相手だと、3の条件でも、安心感とかクオリティーとか考え合わせると、逆に安いなと感じることもあるね。
お互いその場しのぎの関係だし、相手がある程度信用できる人間なら、都度3でも十分安いと言えるよ。
業者とかウリやってる子だと、信頼性が少ないだろ。性病持ってる可能性もあるしね。
お金恵んでくれる人
お金あげます掲示板